*

ハーレーダビッドソン2019年モデル FXDR 114 日本導入決定!! そのパフォーマンスはいかに?

公開日: : ハーレー

7月頃から色々と噂が流れていた2019年NEWモデル「FXDR 114」
遂に日本導入が決まりました!!

ファミリーはソフテイルになりますが今までのハーレーダビッドソンには無い
デザインで今までハーレーダビッドソンに興味がなかったライダーからも注目を
浴びる事になるでしょう。

エンジン

2018年新ソフテイルで新しく搭載されたミルウォーキーエイトエンジン114
が搭載されます

低速域でもガツンとくるトルクがスムーズな加速、高速域での安定感が魅力のエンジン。

エンジントルク 160NM

排気量 1、868CC

圧縮比 10.5:1

インテーク

高回転向きのエルボー型エアークリーナー
ハーレーオリジナルしか出せない車両のデザインに溶け込む自然な
スタイル。

エキゾースト

2IN1で作られたマフラー
ハーレーもねかせて走るを意識したのか地面に擦らないよう
計算されたデザイン。

カラー全6色

・ビビッドブラック
・ブラックデニム
・インダストリアル グレーデニム
・ウィキッドレッドデニム
・ボンネビルソルトデニム
・ローハイドデニム

プライス ¥2、862、000から

今回新しくラインナップに加わったFXDR何となくブレイクアウトのCVO
プロストリートに似ているところもありますが
今年の注目すべき1台になるでしょう。

走行性能を高める倒立フォークも最近多くなってきていますね
去年リリースされたスポーツグライドも倒立フォークでした。

今は定番となった240のリヤタイヤ

今回はボブフェンダーでスッキリした印象があり
リヤの極太タイヤは強烈なインパクトを与えてくれます。

いよいよ2019年のラインナップが出てきましたね

残念ながら個人的に楽しみにしていた電動モーターサイクルライブワイヤーは
日本はもうしばらくおあずけみたいですね。

もしかしたら2019年の中期でまた何か動きがあるかもしれないので
まだまだ目が離せませんね。

CVOは今年もストリートグライド、ロードグライド、リミテッドでした

個人的にはロードグライドが早く見たいですね

オイルクーラーカバーのデザインが新しくなりフェアリングから
オイルクーラーのところまで外装パーツが取付けられており
かなりインパクト強いデザインになっていますね

サドルバックのトップカバーにスピーカーが付いています
写真ではわかりずらいのですが新型BOOM BOX
デザインも変わっているように見えますね。

あと1か月後には店頭に並んでくると思いますが
新しく生まれ変わったハーレーダビッドソンを見れる日が
待ち遠しいですね。

関連記事

ハーレーダビッドソン2019年モデルニューモデル?気になるFXDRとは

ハーレーダビッドソンの電動モーターサイクル「ライブワイヤー」2019年に市場導入

スポンサードリンク







関連記事

2018年ソフテイル セキュリティを鳴らさずにバッテリーを取り外す方法

2018年新ソフテイルモデルを購入した方も沢山いらっしゃると思います 2017年までのソフテイルは

記事を読む

モチュールオイルのお取り扱いを始めました

1度は聞いたことがある名前だと思いますがモチュールのオイルを 使用したことはありますか? 純

記事を読む

オメガオイルのお取り扱いを始めました

あまり聞きなれない方もいらっしゃるかと思いますが 個人的にオススメしている商品の1つでオメガオイル

記事を読む

no image

今や定番メニューのEFIチューニング何がどう違うのか?

2007年モデルから全社インジェクションになったハーレーダビッドソン エアークリーナーとマフラ

記事を読む

ショウライバッテリーのお取り扱いを始めました

リチウムイオンバッテリーと言われたらまだ聞きなれない方も多いのではないでしょうか? ハーレーに

記事を読む

魔法のネジ チューニングボルトのお取扱いを始めました

魔法のネジってご存知でしょうか? あぁ~知ってる知ってる って思う方と 何それ?

記事を読む

ハーレー純正チューニングデバイス スーパーチューナーの対応が出来るようになりました

N's FactoryではEFIチューニングをする時メインに使用しているデバイスはディレクトリンクと

記事を読む

ハーレーニューオーナーの為の冬季保管でやったほうが良い事

年を取るにつれて年々1年間という時間が非常に早く感じますね 今年も気づけば9月で4か月後には201

記事を読む

ハーレーダビッドソン遂に250~500ccの小排気量モデルを新開発

ハーレーダビッドソン社は2022年までに新しい計画を進めて行くことを発表しました 以前から進められ

記事を読む

no image

私のハーレーだんだんセルの回りが重くなってきています

私のハーレーのFXDLローライダー気づけば10年も経っておりあっちこっち 部品の交換が必要にな

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







2021年モデルのハーレーはEFIチューニングが出来なくなってしまうのか!?

ハーレーの新車発表が終わりディーラーさんにニューモデルのハーレーの配車

N’s FactoryでEFIチューニングの時に使用するデバイスのご紹介

最近チューニングやカムシャフト交換に関してお問合せを沢山いただいており

ハーレーダビッドソン 中古車情報 2011 ファットボーイロー FLSTFB

N’s Factoryではご希望の車両をお探しする他に委託販売も承って

スポーツスターのカムシャフト交換をしました

ハーレーでメジャーなパワーアップ方法としましてエアークリーナーやマフラ

T.P.P VPクラッチのお取扱いを始めました

ハーレーでツーリングに行って帰る頃には「左手に力が入らなくなってきた」

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

  • スマホで誰でも簡単にインジェクションチューニングが出来る時代!!のキャッチフレーズで購入したがいまいち使い方がわからない方の為に基本的なFP3の使い方をご紹介するサイトです。

  • N’s Factory公式LINE@が出来ました

    LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
    ハーレーお役立ち情報を配信します

    ご登録お願いします!!

     

    友だち追加

PAGE TOP ↑