*

私のハーレーエンジンから気になる異音がしてきました

公開日: : ハーレー

先日久しぶりにマイハーレーのFXDLローライダーに乗った時の事でした

実は結構前から何となく異音が出ているような気がしていたのですが

今度調べようと後回しにしておりすっかり忘れていました

 

急にバイクに乗ることになったので急いで準備をして出発して

久しぶりのバイクは(夜で涼しく快適でした)気持ちいなぁ~

なんて思っていたら思い出したのです

あれ?前よりカチカチ音が大きいような気がする・・・。

気が付いたのも10分くらい走ったからでしょうか

さすがにエンジンも温まっておりまだオイル回ってないなんて理屈も通らず

そろそろちゃんと確認しないといけないなと思いすでに2日経過してしまいました。

 

私のハーレーエンジンも少しいじっておりプッシュロッドもアジャスタブル式に変更

していて前回カムシャフトを交換してエンジンをかけた時

しばらくの間は問題なかったのですが急にエンジンストール

あれ?っと思い再始動を試みたのですが結局ダメでした

 

この時の原因はプッシュロッドの調整するナットがあるのですがナットが緩まないように

するロックナットの締め付けが緩かったんでしょうね

プッシュロッドの長さが短くなりインテークバルブの開閉が出来なくなってエンジンが

かからなくなったという経験をしているにもかかわらずまだやらないというのんびりさです(笑)

 

今週中には点検しよっと

 

マニアックな話になりますが今までカムシャフト2回変えています

 

最初はスクリーミンイーグルのSE254カムで低速から中速重視のカムシャフトで

出だしのモタツキが解消された気がしていました

これだけでも十分乗っていて私は楽しかったのですが新しいカムシャフト

(新しいと言っても数年前の話です)

スクリーミンイーグルのSE585カム知り低速もトルクアップするのですが中速から高回転

に向かうところを重視しており回すのが面白くなるカムシャフトが気になりすぎて

購入を決断しました。

ただ交換するのは面白くないので実験好きな私はカムシャフトにWPCコーティングを

かけてもらってから組みつけました

このコーティングおすすめですよ

動きがスムーズになります

また別の機会にご紹介させていただきます

 

この時が最後でエンジンいじることはなかったのですが危険は早めに回避しておきます。

参考までにスクリーミンイーグルのアジャスタブル式プッシュロッドの調整方法は

ジャッキでRタイヤを地面から浮かせます

F・Rのスパークプラグを外します

ギヤを5速にいれ圧縮上死点を出します

(プラグホールからピストンを覗くとわかりやすくピストンが上部の位置に来ている状態)

プッシュロッドを伸ばしていき油圧タペットの当たるまで伸ばします

そこからさらに2回転半伸ばします

この作業をインテーク側エキゾースト側両方やったら約10分そのまま放置します

ここが重要で10位経ってからプッシュロッドを回してみるとあまり抵抗なく

回るはずです。もしきつくて回らない場合はプッシュロッドを伸ばし過ぎており

ガタがあるようでしたら緩すぎなので再調整します。

インテーク側エキゾースト側両方くるくる回る状態でしたら完了です

もう一つのシリンダーの方も圧縮上死点を出してから同じ作業をしてください

後は元通りに戻せば調整完了です。

今回ご紹介させていただいたのはハーレー純正スクリーミンイーグルのプッシュロッド

の調整方法です。

他のメーカーの物はわかりませんが英語の説明書に必ず調整方法が載っているはずなので

じっくり眺めてみてください。

私のハーレーの異音の原因がわかりましたらまたご紹介します。

 

スポンサードリンク







関連記事

ハーレーダビッドソンの電動モーターサイクル「ライブワイヤー」2019年に市場導入

以前から噂が流れていたハーレーダビッドソンの電動モーターサイクルプロジェクト その名も「ライブワイ

記事を読む

ハーレーダビッドソン 中古車情報 2014年 VRSCDX カスタム車

今回ご紹介させていただくのは、2017年に惜しまれつつも廃番になってしまいましたVRSCDXのカスタ

記事を読む

数量限定!! 歳末スペシャルタイヤセールのご案内

N's Factoryでは問屋さん協賛の元、数量限定にはなりますが 赤字覚悟の歳末スペシャルタイヤ

記事を読む

ミルウォーキー8のカムシャフト交換は違いが出ますね

ハーレーダビッドソンの2017年ツーリングモデルから搭載されている NEWエンジンの「ミルウォーキ

記事を読む

N’s FactoryでEFIチューニングの時に使用するデバイスのご紹介

最近チューニングやカムシャフト交換に関してお問合せを沢山いただいております 今回はN's Fa

記事を読む

私のハーレーにパワーヴィジョンを取付けました

ここ数年前からハーレーもインジェクションチューニングが注目され 今やエアークリーナーとマフラー

記事を読む

2021年モデルのハーレーはEFIチューニングが出来なくなってしまうのか!?

ハーレーの新車発表が終わりディーラーさんにニューモデルのハーレーの配車が始まったみたいですね

記事を読む

スポーツスターオーナー必見!! スムースバルブのお取扱いを始めました

ハーレーダビッドソンの関連雑誌で見たことある方も多いと思いますがこの度ダイノマン様のオリジナル商品

記事を読む

魔法のネジ タイヤ用のご紹介

N’sFactoryでは今までも魔法のネジシリーズでチューニングボルトやアーシングボルト、サスペンシ

記事を読む

no image

今や定番メニューのEFIチューニング何がどう違うのか?

2007年モデルから全社インジェクションになったハーレーダビッドソン エアークリーナーとマフラ

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク







メニューリスト

N’sFactoryで日々おこなっている作業や販売させていただいており

ハーレーダビッドソン 中古車 2004年 スポーツスター XL883 カスタム車

今回ご紹介させていただくのは、スポーツスター XL883カスタム車両に

魔法のネジ タイヤ用のご紹介

N’sFactoryでは今までも魔法のネジシリーズでチューニングボルト

ハーレーダビッドソン 中古車情報 2014年 VRSCDX カスタム車

今回ご紹介させていただくのは、2017年に惜しまれつつも廃番になってし

ハーレーダビッドソン 2021年モデルのEFIチューニングについて

こちらは2021年12月11日現在の情報です  

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

  • スマホで誰でも簡単にインジェクションチューニングが出来る時代!!のキャッチフレーズで購入したがいまいち使い方がわからない方の為に基本的なFP3の使い方をご紹介するサイトです。

  • N’s Factory公式LINE@が出来ました

    LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
    ハーレーお役立ち情報を配信します

    ご登録お願いします!!

     

    友だち追加

PAGE TOP ↑