*

DYNOJET製オートチューンによる私なりの検証結果

公開日: : 最終更新日:2018/08/01 ハーレー

私のFXDLローライダースペックはエアークリーナーはスクリーミンイーグルのステージ1キット

マフラーはノーマルカムシャフトは低速、中速重視のスクリーミンイーグルのSE254カムです

DYNOJETのパワーヴィジョンを購入しベースデータを入れてみたものの黒煙を吹くようになり

上手くインジェクションチューニングが出来ずオートチューンキットを使用してデーターを

作ったところノーマルデーターをベースにオートチューンをかけた方が上手くいきました

なぜDYNOJETのベースデータでは上手く調整出来なかったのかを自分なりに分析してみました

 

その1 マフラーがノーマルであった

日本は排ガスの規制が厳しいためアメリカ仕様のマフラーよりヌケの悪いマフラーが入っています

その為ストックマフラーでデーターを選んだところマフラーのヌケが悪いので「濃すぎる」状態に

なり黒煙を吹いたと考えられます。

 

その2 ガソリンのオクタン価が日本とアメリカでは違う

日本のガソリンはどこのスタンドで入れても極端にオクタン価は変わらないと言われています

個人的にもスタンドを変えて「あれ?調子悪くなった」と感じたことがありません

アメリカはこのオクタン価が州によってもバラバラでさらに日本の物と比べると

オクタン価低い物が多いです

この事よりアメリカのガソリン、セッティングした環境が

日本仕様のものとアンマッチする為VE値の狂いが生じることがわかりました。

 

その3 セッティングをするには正しい知識が豊富になければならない

パワーヴィジョンとオートチューンキットは本当に素晴らしいアイテムです

機能も充実しています

しかし今回私の様に使いこなせない人が適当にやってもなかなか上手くできません

それどころか余計におかしな事になってしまいます。

 

下手なセッティングはエンジンを壊してします危険性もあるので

専門家に任せるのが1番の近道かもしれません。

 

ただ私のように色々いじってみたいという方も少なくないはずです

私はこう考えます

 

「楽しければそれで良い!!」

 

自分でやって壊しても誰の責任でもありません

当然自分の責任です

もし壊してしまってもそれは研究結果に1つになります

嬉しくはないですがこうしたら物は壊れるんだというデーターが1つ増えます

失敗さえも楽しみに変えないとただの無駄遣いになってしまいます・・・。

 

それでも上手くいかなければ専門家に任せれば良いのかなと思っています。

正直私は1つまともと思えるデーターを作るのに約1カ月かかりました

このデーターも専門家にみせればなんだこれはっていうレベルだと思います

 

ただ私の場合結果を出したい訳ではないのです

それまでのプロセスだ大事だと思っています

それが楽しいのです

自分で「こうしたらこうなるのか?」「あーしたらどうなんだろう」

この時間が好きなのです。

 

最後に1つだけお伝えしたいことがあります。

 

もし無駄なお金を使いたくない、無駄な時間を使いたくない

とおっしゃる方のベストな方法があります

 

それは専門家に任せる事です。

なんだかんだでこれが1番早いです(笑)

 

スポンサードリンク







関連記事

EFIチューニングデバイス「ディレクトリンク」の紹介

ハーレー関連の雑誌「クラブハーレー」や「バージンハーレー」などの企業の広告ページを見ていて 「シャ

記事を読む

ダイヤモンドカットを取り入れてみませんか?

今から約5年前でしょうか? ダイヤモンドカットという技術は知っていましたがこれがどこで 出来

記事を読む

S&S製 M8ソフテイル用検対マフラーのご案内

エンジンのボアアップキットやエアクリーナー、マフラーをリリース しているS&Sから新しいマ

記事を読む

EFIチューニングデバイス「フューエルパックFP3」の紹介

ハーレー関連の雑誌「クラブハーレー」や「バージンハーレー」などの企業の広告ページを見ていて 「シャ

記事を読む

ハーレーEFIチューニングフルコンのメリット・デメリット

今や定番メニューとなっているEFIチューニング 種類も多く値段もバラバラでお店によってオススメ

記事を読む

フューエルパックFP3使い方オリジナルマニュアルの販売を開始しました

最近何故かキャブのセッティングのご相談を多くいただいていますN's Factory ですがご存知の

記事を読む

ハーレーダビッドソン2019年モデル FXDR 114 日本導入決定!! そのパフォーマンスはいかに?

7月頃から色々と噂が流れていた2019年NEWモデル「FXDR 114」 遂に日本導入が決まりまし

記事を読む

ミルウォーキー8のカムシャフト交換は違いが出ますね

ハーレーダビッドソンの2017年ツーリングモデルから搭載されている NEWエンジンの「ミルウォーキ

記事を読む

ショウライバッテリーのお取り扱いを始めました

リチウムイオンバッテリーと言われたらまだ聞きなれない方も多いのではないでしょうか? ハーレーに

記事を読む

ハーレー2018年ソフテイルモデルのバッテリー上がりのトラブル回避方法 

ハーレーダビッドソンの2018年ソフテイルモデルはエンジンが新しくミルウォーキーエイト が搭載され

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







N’s FactoryでEFIチューニングの時に使用するデバイスのご紹介

最近チューニングやカムシャフト交換に関してお問合せを沢山いただいており

ハーレーダビッドソン 中古車情報 2011 ファットボーイロー FLSTFB

N’s Factoryではご希望の車両をお探しする他に委託販売も承って

スポーツスターのカムシャフト交換をしました

ハーレーでメジャーなパワーアップ方法としましてエアークリーナーやマフラ

T.P.P VPクラッチのお取扱いを始めました

ハーレーでツーリングに行って帰る頃には「左手に力が入らなくなってきた」

スポーツスターオーナー必見!! スムースバルブのお取扱いを始めました

ハーレーダビッドソンの関連雑誌で見たことある方も多いと思いますがこの度

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

  • スマホで誰でも簡単にインジェクションチューニングが出来る時代!!のキャッチフレーズで購入したがいまいち使い方がわからない方の為に基本的なFP3の使い方をご紹介するサイトです。

  • N’s Factory公式LINE@が出来ました

    LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
    ハーレーお役立ち情報を配信します

    ご登録お願いします!!

     

    友だち追加

PAGE TOP ↑