*

ハーレー2018年ソフテイルモデルのバッテリー上がりのトラブル回避方法 

公開日: : ハーレー

ハーレーダビッドソンの2018年ソフテイルモデルはエンジンが新しくミルウォーキーエイト
が搭載されたりフレームの変更により前後のサスペンションが変更されたり
USBポートを標準装備にしたりと現在のニーズに合わせて良い車両だと思います

しかし全車ではないのですがちょっと小耳に挟んだ噂が流れてきたのでもし
2018年のソフテイルモデルをお乗りの方はマメ知識として覚えておくと
余計なトラブルを回避できます。

その噂とは?

「1週間もしないうちにバッテリーが上がってしまうという現象」です

2018年のソフテイルモデルはセキュリティが標準装備(サイレンは別売り)となっています
イグニッションスイッチをOFFにすると自動で「設定」されます

ハーレーのセキュリティは電気の消費が大きいので約1ヵ月乗らずに充電もかけなければ
新品バッテリーでもバッテリーが上がってしまいます。

しかし今回のトラブルは1週間もしないうちにバッテリーが上がってしまうとの事です
バッテリーが上がってしまった方はみんなセキュリティを「設定」していました
私が見ているとブレイクアウトが多い気がしています(個人的な感想です)
この症状が出ているハーレーはディーラーで新品のバッテリーに交換してもらって
そのまま治る車両もあれば治らない車両もあります。

私の考えではイグニッションスイッチをOFFにした後セキュリティが「設定」され
待機状態のプログラムの問題で本来流れない電気がそのまま流れていてバッテリーを
消耗させているのでは?と思うのですがはっきりとした原因はまだわかっていません。

見分け方として納車されて3ヵ月以上バッテリー上がりがなかったのであれば
単純に乗る回数が少ないもしくは充電しなかった為のバッテリー上がりで
このトラブルには該当しないと思ってよいです。

しかしこのトラブルに該当しているとしたら根本的な解決策が出るまで上手く
付き合うしかありません。
しかし毎回バッテリーが上がっていたらハーレーに乗ることも出来ません

今回ご紹介するのはあくまでも回避方法です
よろしければ参考にしてください

この方法はキーフォブ(リモコン)にボタンが付いていなく
イグニッションスイッチをOFFにすると自動でセキュリティが「設定」されるモデル
全車に使える技になります

方法は簡単です

セキュリティの設定を「移動モード」にしてください

この移動モードのやり方は

1 イグニッションスイッチをONにする
2 4秒くらい待ってからイグニッションスイッチをOFFにする
3 メーターを見ると赤い丸が点灯しています
4 赤い丸が点灯している間に左右のウィンカーボタンを同時に1回押します

そのまま待つと電源が落ちますがこの時ウィンカーのインジケーターランプが
左右3回点滅すれば移動モード成功です
バイクを揺すってセキュリティが反応しなければ大丈夫です

このモードはイグニッションスイッチをONにし再びセキュリティが「設定」されるまで有効です
なのでセキュリティの機能をOFFの状態に出来るのでバッテリー上がりを回避することができます

しかしセキュリティが効かないならセキュリティの意味がないのではと思いますよね?

その通りです!!

なのでこの方法はあくまでも回避策にすぎません

もしセキュリティをOFFにするのは不安だと思う方はやはり充電しながらセキュリティをON
にする必要があります

全てのソフテイルがバッテリー上がりを起す訳ではないのでメーカーとしても
対応に困ると思いますが1日も早く改善してほしいですね

バッテリーに関する記事

ハーレーでセキュリティの付いたモデルのバッテリー交換のやり方 ツーリングモデル編

ハーレーでエンジンをかけようとセルを押すと「ガチガチ」となる原因は?

スポンサードリンク







関連記事

ハーレーを冬季保管する前に準備しておきたいこと

ちょっと早いですが冬の保管時期ってメンテナンスされていますか? バイクを普段手の届かないところ

記事を読む

ハーレーでエンジンをかけようとセルを押すと「ガチガチ」となる原因は?

久しぶりにハーレーに乗ろうと思ってガレージに行きヘルメットも被り いざ出発って時に「ガチガチ」とい

記事を読む

no image

EFIチューニングフラッシュチューニングのメリット・デメリット

今や定番メニューとなったEFIチューニング エアクリーナーやマフラーを変えたらパンパン(アフターフ

記事を読む

no image

私のハーレーにオートチューンキットを取付けました

私のハーレーにパワーヴィジョンを取付データーを変えてみたのですが 「あれ?こんなもんなのか?」

記事を読む

ハーレーダビッドソン 中古車 2016年FXDLダイナローライダー 快適ツーリング仕様車

こちらはキャンペーン対象車両です 今回ご紹介させていただくのは2016年モデルFXDLダイナ

記事を読む

2018年ソフテイル セキュリティを鳴らさずにバッテリーを取り外す方法

2018年新ソフテイルモデルを購入した方も沢山いらっしゃると思います 2017年までのソフテイルは

記事を読む

ミルウォーキー8のカムシャフト交換は違いが出ますね

ハーレーダビッドソンの2017年ツーリングモデルから搭載されている NEWエンジンの「ミルウォーキ

記事を読む

no image

私のハーレーエンジンから気になる異音がしてきました

先日久しぶりにマイハーレーのFXDLローライダーに乗った時の事でした 実は結構前から何となく異

記事を読む

フューエルパックFP3でより精度の高いチューニングをご提供いたします

現在N's FactoryではEFIチューニングで使用するデバイスをディレクトリンクとフューエルパッ

記事を読む

新商品 オイル交換パックのご案内

この度N's Factoryでは皆様に少しでもランニングコストを抑えていただくために 新商品のご案

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク







メニューリスト

N’sFactoryで日々おこなっている作業や販売させていただいており

クリスタークオーツのガラスコーティング始めました

N’s Factoryでは、HARLEY-DAVIDSON正規ディー

ハーレーダビッドソン 中古車 2016年FXDLダイナローライダー 快適ツーリング仕様車

こちらはキャンペーン対象車両です 今回ご紹介させていただくのは

ハーレーダビッドソン 中古車 2003年 FXDLローライダーカスタム車

こちらはキャンペーン対象車両です 今回ご紹介させていただくのは

ネットショップ開設のお知らせ

Yahooショッピング開設しました この度Yahooショッピン

ハーレーダビッドソン 中古車 2004年 スポーツスター XL883 カスタム車

今回ご紹介させていただくのは、スポーツスター XL883カスタム車両に

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

  • スマホで誰でも簡単にインジェクションチューニングが出来る時代!!のキャッチフレーズで購入したがいまいち使い方がわからない方の為に基本的なFP3の使い方をご紹介するサイトです。

  • N’s Factory公式LINE@が出来ました

    LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
    ハーレーお役立ち情報を配信します

    ご登録お願いします!!

     

    友だち追加

PAGE TOP ↑