*

ハーレーのブレーキが利かなくなる!?今回のリコール外ー2701の詳細

公開日: : ハーレー

多くのハーレーオーナーにリコールの案内状が届いたと思います
これはハーレーダビッドソンジャパンがリコールを届け出たからだ

今回対象となる台数は13,704台になりかなり大きい規模のものになった。

対象車両は2007年7月10日~2011年8月24日に輸入された車両で
「VRSC」「ツーリングモデル」全21車種になります。

アメリカの方で51件不具合が出たが事故は起きていません

リコールとは?

日本の場合どうしてもリコールと聞くと良い印象がなく「不良品なの?」と
思う方も多いと思います。

しかし不具合が出る可能性は極めて少ないが可能性がゼロではないから
予防策として交換しておいてあげるくらいの気持ちがアメリカ流の考えだと
聞いたことがあります。

「タダで交換できてラッキーでしょ?」くらいの気持ちかもしれませんね

リコールとは今後保安基準に適合しなくなる可能性があるもしくは
各部分が動作不良を起こしエンジンがかからなくなったり
今回の場合はブレーキが利かなくなる可能性があるので
メーカーはリコールを届け出て事前に対処するというものです

なのでリコールの案内が来たから不具合がでるとは限りませんので
あまり心配しなくても大丈夫です。

特に今回のリコールは2008年モデルの「ツーリングモデル」「VRSC」
で初めてABS(アンチロックブレーキシステム)が搭載されました

今回のリコールの内容は?

ブレーキフルードの経年劣化によりゲル状になりABSユニットの
バルブを詰まらせる可能性があるという内容です

リコールの作業は?

「ブレーキフルードの交換」

「ABSユニットの点検」です。

モデルで言いますと2008年モデルから2012年モデルの1部です

少し疑問に感じませんか?

ブレーキフルードの交換サイクルは2年に1度が目安です

今回対象の2008年モデルなら3回車検を受けているはずです

2009年モデルの方も今年3回目の車検を受けているはずです

だいたい車検の時車もそうですがブレーキオイルの交換もしているはずなんです

もう1度今回のリコールの詳細を確認すると

「ブレーキフルードの交換」

「ABSユニットの点検」です。

私の予想では2008年モデルから2012年モデルのオーナーの方で
今までブレーキフルードを交換したこと無い方はほぼいないと思います

特にディーラーさんでメンテナンスをしている方は
1度は交換していると思います

なのであまり不安になる必要はないと思いますよ

ご自身のハーレーが今回のリコールの対象になっているか確認したい方は

リコールを検索する

から確認してください。

リコール検索する時は車体番号が必要になりますので
車検所を準備してくださいね。

ちなみにリコールはディーラーでしか受けれません

最近ネットでハーレーも買う方が増えれいるのでディーラー
とお付き合いのない方はこの機会にディーラーとコンタクト
が取れる良いきっかけになりますよ。

スポンサードリンク







関連記事

EFIチューニングデバイス「フューエルパックFP3」の紹介

ハーレー関連の雑誌「クラブハーレー」や「バージンハーレー」などの企業の広告ページを見ていて 「シャ

記事を読む

ハーレーを冬季保管する前に準備しておきたいこと

ちょっと早いですが冬の保管時期ってメンテナンスされていますか? バイクを普段手の届かないところ

記事を読む

チューニングショップ「N’s Factory」出店のお知らせ

以前から予定していました出店計画が進みいよいよ出店出来ることになりました。 少し交通の便は悪い

記事を読む

ハーレーダビッドソンの電動モーターサイクル「ライブワイヤー」2019年に市場導入

以前から噂が流れていたハーレーダビッドソンの電動モーターサイクルプロジェクト その名も「ライブワイ

記事を読む

ショウライバッテリーのお取り扱いを始めました

リチウムイオンバッテリーと言われたらまだ聞きなれない方も多いのではないでしょうか? ハーレーに

記事を読む

ハーレーでエンジンをかけようとセルを押すと「ガチガチ」となる原因は?

久しぶりにハーレーに乗ろうと思ってガレージに行きヘルメットも被り いざ出発って時に「ガチガチ」とい

記事を読む

no image

今や定番メニューのEFIチューニング何がどう違うのか?

2007年モデルから全社インジェクションになったハーレーダビッドソン エアークリーナーとマフラ

記事を読む

ミツバサンコーワのドライブレコーダーのお取扱いを始めました

最近あおり運転に関するのニュースをよく見るようになりました もっと時間にゆとりを持ってイライラせず

記事を読む

ハーレーダビッドソン遂に250~500ccの小排気量モデルを新開発

ハーレーダビッドソン社は2022年までに新しい計画を進めて行くことを発表しました 以前から進められ

記事を読む

no image

私のハーレーだんだんセルの回りが重くなってきています

私のハーレーのFXDLローライダー気づけば10年も経っておりあっちこっち 部品の交換が必要にな

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







エンジン内部に汚れが溜まったままだと…。エンジン内部を綺麗にするおすすめリキモリ商品の紹介

エンジンオイルを交換したら安心? エンジンは、動く度に鉄と鉄が擦れあ

2021年モデルのハーレーはEFIチューニングが出来なくなってしまうのか!?

ハーレーの新車発表が終わりディーラーさんにニューモデルのハーレーの配車

N’s FactoryでEFIチューニングの時に使用するデバイスのご紹介

最近チューニングやカムシャフト交換に関してお問合せを沢山いただいており

ハーレーダビッドソン 中古車情報 2011 ファットボーイロー FLSTFB

N’s Factoryではご希望の車両をお探しする他に委託販売も承って

スポーツスターのカムシャフト交換をしました

ハーレーでメジャーなパワーアップ方法としましてエアークリーナーやマフラ

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

  • スマホで誰でも簡単にインジェクションチューニングが出来る時代!!のキャッチフレーズで購入したがいまいち使い方がわからない方の為に基本的なFP3の使い方をご紹介するサイトです。

  • N’s Factory公式LINE@が出来ました

    LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
    ハーレーお役立ち情報を配信します

    ご登録お願いします!!

     

    友だち追加

PAGE TOP ↑