*

ハーレーEFIチューニングフルコンのメリット・デメリット

公開日: : 最終更新日:2018/08/10 ハーレー

今や定番メニューとなっているEFIチューニング

種類も多く値段もバラバラでお店によってオススメしている物も違うので

結局のところどれが良いのかわからない方は参考にしてください。

 

フルコンとはハーレー純正のコンピューターを交換して使い

サンダーマックスや津インテックが主流となっています

今回はサンダーマックスをベースにお話します

 

メリット1 ワイドバンドセンサーによるオートチューン

 

コンピューターを交換することによって色々設定できる項目が増えます

あまりいないと思いますがスーパーチャージャーをハーレーに取付けている方は

このフルコンの場合別に設定項目があるのできっちりチューニングが出来ます

ただほとんどの方はスーパーチャージャーを付ける方はいないと思うので

一般の方に大きなメリットとなるのはやはりオーツーセンサーを

ワイドバンドセンサーに交換してオートチューンによる自動補正がかけられる

という部分になると思います。

これはオーナーの走りに合わせて設定されたAFR(エアーフューエルレシオ)に合わせて

VE値(体積効率)を修正していく事によってチューニングされます

 

ただしオートチューンだけではパンパン(アフターファイヤー)を完全に取り除く事が

出来ない可能性があります

しかしアクセルを戻したときのガソリンの増減など細かい部分も設定出来るので

ほとんどの場合アフターファイヤーを取り除く事が出来ます。

 

メリット2 ハーレーらしい3拍子

 

インジェクションモデルのハーレーはただ単純にエンジン回転数を下げれば良いと

いうものではございません。

点火タイミングも重要になってきます

しかし回転数はデバイスによっては900RPMもしくは800RPMまでしか下げることが

出来ないのに対しフルコンは600RPMまで落とすことが可能です

いくら点火タイミングを調整しても800RPMでは3拍子っぽくはなりますが

ちょっと違うのです。

ただし回転数を下げすぎるとエンストしやすくなるのであまり下げすぎには注意が必要です

またバッテリーの負担オイル回りの懸念がありますのでトラブルが起こる可能性が

あるという事を忘れてはいけません。

 

良い事ばかりではなくもちろん悪いこともあります

 

デメリット1 謎のバッテリー上がり

 

正直この現象の理由はわかりません

この現象を回避するには「充電」が必要です

フルコンにした時はバッテリーの充電器もセットで購入した方が良いです

コンセントが無く充電するのが困難な方は良く考えた方が良いです

 

デメリット2 ワイドバンドセンサーは消耗品です

 

ワイドバンドセンサーは消耗品なのでいつか壊れます

壊れたセンサーをつけて補正をかけているとおかしなAFRの設定になり

「なんか調子悪い」「黒煙がやたら吹く」という症状がでたら1度センサーを

疑った方が良いかもしれません。

 

まとめ

 

フルコンは設定項目も多く細かいチューニングが出来ますしオートチューン機能

もあるので近くにシャーシダイナモを持っているお店がない地域の方はオススメです

しかし予算は10万前後これに工賃が加わると15万前後とちょっと高めです

センサーが壊れるとエンジンがかからなくなるというトラブルもあるので注意が必要です。

スポンサードリンク







関連記事

ディレクトリンクでのチューニング方法について

N's FactoryでEFIチューニングをご依頼いただいた場合メインで使用しているチューニングデバ

記事を読む

ハーレーバッテリー用の魔法のネジ アーシングボルトの検証結果

今回ご紹介させていただくのは魔法のネジシリーズのハーレー用バッテリー端子の所に 取付けるタイプの「

記事を読む

ハーレーダビッドソン2019年モデルニューモデル?気になるFXDRとは

もう少しでお盆休みも終わりだんだん日が落ちるのも早くなってくると少しずつ秋に なっていくのかと実感

記事を読む

チューニングショップ「N’s Factory」出店のお知らせ

以前から予定していました出店計画が進みいよいよ出店出来ることになりました。 少し交通の便は悪い

記事を読む

EFIチューニングデバイス「パワーヴィジョン」の紹介

ハーレー関連の雑誌「クラブハーレー」や「バージンハーレー」などの企業の広告ページを見ていて 「シャ

記事を読む

ミルウォーキー8のカムシャフト交換は違いが出ますね

ハーレーダビッドソンの2017年ツーリングモデルから搭載されている NEWエンジンの「ミルウォーキ

記事を読む

数量限定!! 歳末スペシャルタイヤセールのご案内

N's Factoryでは問屋さん協賛の元、数量限定にはなりますが 赤字覚悟の歳末スペシャルタイヤ

記事を読む

ハーレー2018年ソフテイルモデルのバッテリー上がりのトラブル回避方法 

ハーレーダビッドソンの2018年ソフテイルモデルはエンジンが新しくミルウォーキーエイト が搭載され

記事を読む

ハーレーダビッドソンの電動モーターサイクル「ライブワイヤー」2019年に市場導入

以前から噂が流れていたハーレーダビッドソンの電動モーターサイクルプロジェクト その名も「ライブワイ

記事を読む

no image

ハーレーEFIチューニングサブコンのメリット・デメリット

今や定番メニューとなったEFIチューニング エアークリーナーやマフラーを変えたらパンパン(アフター

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







メニューリスト

N’sFactoryで日々おこなっている作業や販売させていただいており

ハーレーダビッドソン 中古車 2004年 スポーツスター XL883 カスタム車

今回ご紹介させていただくのは、スポーツスター XL883カスタム車両に

魔法のネジ タイヤ用のご紹介

N’sFactoryでは今までも魔法のネジシリーズでチューニングボルト

ハーレーダビッドソン 中古車情報 2014年 VRSCDX カスタム車

今回ご紹介させていただくのは、2017年に惜しまれつつも廃番になってし

ハーレーダビッドソン 2021年モデルのEFIチューニングについて

こちらは2021年12月11日現在の情報です  

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

  • スマホで誰でも簡単にインジェクションチューニングが出来る時代!!のキャッチフレーズで購入したがいまいち使い方がわからない方の為に基本的なFP3の使い方をご紹介するサイトです。

  • N’s Factory公式LINE@が出来ました

    LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
    ハーレーお役立ち情報を配信します

    ご登録お願いします!!

     

    友だち追加

PAGE TOP ↑