*

ハーレーEFIチューニングサブコンのメリット・デメリット

公開日: : ハーレー

今や定番メニューとなったEFIチューニング
エアークリーナーやマフラーを変えたらパンパン(アフターファイヤー)が鳴るようになった
低速がもたついてスムーズに回転数が上がらない吹けない
EFIチューニングをやった方が良いのだろうけど種類も沢山あるし値段もバラバラ
結局何を選んだらよいのかわからない方が少しでも参考になればと思います

ここが重要!!

EFIチューニングをやろうと思った時何を買ったら良いのかわからないと思います
使うコンピューターによって設定できる項目や設定できる数値も変わってきます
まずは「なぜEFIチューニングをやりたいのか」「現在不満に思う症状が出ているか」
「こういう風に仕上げたい」など具体的なイメージが必要になります
単純にパンパン鳴るようになったから、周りの人がやっているからという理由で
EFIチューニングをされる方はどのコンピューターを使っても知識のあるお店で
作業してもらえば満足のいく結果になるので1番リーズナブルな価格の物で良いです。

サブコンとは?
今回はダイノジェット製パワーコマンダーを例として説明します

インジェクションモデルにはECU(エレクトリカル・コントロール・ユニット)
ハーレーの場合はECM(エレクトリカル・コントロール・モジュール)と呼ばれる
コンピューターがあります
前回はフルコンについて書きました
フルコンはノーマルのコンピューターを丸々交換してしますタイプと説明しました。
今回はサブコンピューターでこれはECMと各ドライバーの間に割り込ませ
「ノーマルコンピューターの指示+サブコンピューターの指示」でハーレーを動かします

例えばノーマルコンピューターが10で動きなさいと指示しているが測定器で測った結果
もうプラス5あった方がより馬力が出るという時に
サブコンの方でさらに5追加の指示を出しトータル15で動かうという物です。

メリット1 設定した数値がリアルタイムで反映される

フラッシュメモリー(書き換えタイプ)はいちいち保存してそれを書き換えて初めて数値が反映
されるのですがサブコンの場合 打ち込んだ数値を「センド」するだけで数値が反映されるので
スムーズにチューニングが出来ます
設定がより細かく出来るので本気でセッティングするのであればギヤごとの1~6までの
データーを作る事も可能です。

メリット2 拡張性がある

モニターやセンサー、クイックシフター、オートチューンキットなど追加で取付けれるものが多いです

デメリット

国産車などは取付が結構大変です
インジェクターやイグニッションコイルなどの配線に割り込ませていくので
知識がないと難しいかもしれません
ハーレーはECMのところからカプラーオンで取付可能です

まとめ

拡張性があるのと細かなセッティングが出来るので自分でやるというよりは
完全にプロに任せる方はサブコンが良いと思います。
特にサーキットでデーターを見ながらセッティングを煮詰めるにも最適のデバイスです。

スポンサードリンク







関連記事

ハーレーでセキュリティの付いたモデルのバッテリー交換のやり方 ツーリングモデル編

バイクのオーナー様はある程度ご自身で整備をしている方も多いです ショップに依頼すると部品代+作業工

記事を読む

新商品 オイル交換パックのご案内

この度N's Factoryでは皆様に少しでもランニングコストを抑えていただくために 新商品のご案

記事を読む

EFIチューニングデバイス「パワーヴィジョン」の紹介

ハーレー関連の雑誌「クラブハーレー」や「バージンハーレー」などの企業の広告ページを見ていて 「シャ

記事を読む

ハーレーEFIチューニングフルコンのメリット・デメリット

今や定番メニューとなっているEFIチューニング 種類も多く値段もバラバラでお店によってオススメ

記事を読む

T.P.P VPクラッチのお取扱いを始めました

ハーレーでツーリングに行って帰る頃には「左手に力が入らなくなってきた」という経験をされたことがある方

記事を読む

EFIチューニングデバイス「ディレクトリンク」の紹介

ハーレー関連の雑誌「クラブハーレー」や「バージンハーレー」などの企業の広告ページを見ていて 「シャ

記事を読む

no image

DYNOJET製オートチューンによる私なりの検証結果

私のFXDLローライダースペックはエアークリーナーはスクリーミンイーグルのステージ1キット マ

記事を読む

ミツバサンコーワのドライブレコーダーのお取扱いを始めました

最近あおり運転に関するのニュースをよく見るようになりました もっと時間にゆとりを持ってイライラせず

記事を読む

ハーレーダビッドソン遂に250~500ccの小排気量モデルを新開発

ハーレーダビッドソン社は2022年までに新しい計画を進めて行くことを発表しました 以前から進められ

記事を読む

スポーツスターオーナー必見!! スムースバルブのお取扱いを始めました

ハーレーダビッドソンの関連雑誌で見たことある方も多いと思いますがこの度ダイノマン様のオリジナル商品

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







N’s FactoryでEFIチューニングの時に使用するデバイスのご紹介

最近チューニングやカムシャフト交換に関してお問合せを沢山いただいており

ハーレーダビッドソン 中古車情報 2011 ファットボーイロー FLSTFB

N’s Factoryではご希望の車両をお探しする他に委託販売も承って

スポーツスターのカムシャフト交換をしました

ハーレーでメジャーなパワーアップ方法としましてエアークリーナーやマフラ

T.P.P VPクラッチのお取扱いを始めました

ハーレーでツーリングに行って帰る頃には「左手に力が入らなくなってきた」

スポーツスターオーナー必見!! スムースバルブのお取扱いを始めました

ハーレーダビッドソンの関連雑誌で見たことある方も多いと思いますがこの度

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

  • スマホで誰でも簡単にインジェクションチューニングが出来る時代!!のキャッチフレーズで購入したがいまいち使い方がわからない方の為に基本的なFP3の使い方をご紹介するサイトです。

  • N’s Factory公式LINE@が出来ました

    LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
    ハーレーお役立ち情報を配信します

    ご登録お願いします!!

     

    友だち追加

PAGE TOP ↑