*

2021年モデルのハーレーはEFIチューニングが出来なくなってしまうのか!?

公開日: : ハーレー

ハーレーの新車発表が終わりディーラーさんにニューモデルのハーレーの配車が始まったみたいですね

各ファミリーで仕様の変更があり色々な噂が流れております

N’s Factoryにも2021年モデルのハーレーチューニングのご相談やお問い合わせの件数が多くなってきました

参考動画も作りましたので是非見ていただければと思います

 

2021年モデルでハーレー初の電動バイク「ライブワイヤー」がリリースされたことによって

ディーラーで使用する診断機を接続するコネクターの変更がありツーリングモデルとソフテイルモデルの同じ物に変更になったそうです

今まではこのコネクター部分のチューニングするデバイスを接続していたのでそもそも今までのようにチューニングするデバイスすら

接続できないので新しいコネクターに接続できるハーネスが出来るまではチューニングデバイスすら繋ぐことが出来ないことになります

 

オーツーセンサー

今まではフロントとリヤに1本づつオーツーセンサーが接続されていたのですが2021年モデルはツーリングモデルは3本ソフテイルはモデルにもよりますが

4本になっているそうです(ブレイクアウトは4本でストリートボブは2本だそうです)

オーツーセンサーの本数が変わりECM(エレクトリカルコントロールモジュール)の変更されています

ECMが変わった事により今まで使用していたチューニングのベースマップもおそらく使用出来なくなっているかと思います

ノーマルデータにもキャリブレーションナンバーという番号があるのですがこの番号も変更になっていると思いますので2021年モデルが

EFIチューニング出来るようになるまでは少し時間がかかるかと思います

 

フルコンに変更したらどうなのか?

サンダーマックスやツインテックなどのフルコンにECMを変えたらどうですか?というご質問もいただいたのですが

こちら2021年モデル対応の物が出るまでは難しいかと思います

オーツーセンサーの本数が増えたということはECMに接続する配線自体が変わっているはずなので

今までも物をそのまま使用するのは難しいかと思います

フルコンはワイドバンドセンサーが2本付いていますが純正の使用している本数と異なるということは

余った本数分のトラブルコードが出ないようにするためのキャンセラーのような物も必要になるかと思うので

難しいかと思います。

 

どうしたらチューニング出来るか?

これは対応する物が出るまで待つしかないのかなと思います

時間はかかるかもしれませんが今までもシステムの変更は何度もありましたがそれに対応するチューニングデバイスも

後を追うようにリリースされてきています

ただ気になるのがこれから排ガス規制がさらに厳しくなるのは確定していますのでチューニングをすると新規制の基準内に収めるのは

かなり難しいと個人的に思っています

今後どうなっていくかわかりませが楽しみでもあります

今後新しい情報が届きましたらまたご紹介させていただければと思います。

 

LINE@
N’s Factory公式LINE@が出来ました
LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
ハーレーお役立ち情報を配信します
ご登録お願いします!!

友だち追加

お問合せ先
N’s Factory
005-0832
札幌市南区北ノ沢1727-16
011-578-5027
メール
enuzufactory@gmail.com

N’s Factoryは札幌にあるハーレーのチューニングショップです

ディーラーに在籍していた時五つ星の「マスター」を取得

ハーレーの事なら何でもご相談下さい。

スポンサードリンク







関連記事

ミルウォーキー8のカムシャフト交換は違いが出ますね

ハーレーダビッドソンの2017年ツーリングモデルから搭載されている NEWエンジンの「ミルウォーキ

記事を読む

ハーレーダビッドソン初参入「アドベンチャーツーリングモデル」2020年登場

ハーレーダビッドソン社は2020年までに次世代ライダーの育成の為に250cc~500cc の小排気

記事を読む

スポーツスターオーナー必見!! スムースバルブのお取扱いを始めました

ハーレーダビッドソンの関連雑誌で見たことある方も多いと思いますがこの度ダイノマン様のオリジナル商品

記事を読む

no image

DYNOJET製オートチューンによる私なりの検証結果

私のFXDLローライダースペックはエアークリーナーはスクリーミンイーグルのステージ1キット マ

記事を読む

ハーレー2018年ソフテイルモデルのバッテリー上がりのトラブル回避方法 

ハーレーダビッドソンの2018年ソフテイルモデルはエンジンが新しくミルウォーキーエイト が搭載され

記事を読む

no image

ハーレーEFIチューニングサブコンのメリット・デメリット

今や定番メニューとなったEFIチューニング エアークリーナーやマフラーを変えたらパンパン(アフター

記事を読む

ハーレーダビッドソンの電動モーターサイクル「ライブワイヤー」2019年に市場導入

以前から噂が流れていたハーレーダビッドソンの電動モーターサイクルプロジェクト その名も「ライブワイ

記事を読む

モチュールオイルのお取り扱いを始めました

1度は聞いたことがある名前だと思いますがモチュールのオイルを 使用したことはありますか? 純

記事を読む

ダイヤモンドカットを取り入れてみませんか?

今から約5年前でしょうか? ダイヤモンドカットという技術は知っていましたがこれがどこで 出来

記事を読む

フューエルパックFP3でより精度の高いチューニングをご提供いたします

現在N's FactoryではEFIチューニングで使用するデバイスをディレクトリンクとフューエルパッ

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







メニューリスト

N’sFactoryで日々おこなっている作業や販売させていただいており

ハーレーダビッドソン 中古車 2004年 スポーツスター XL883 カスタム車

今回ご紹介させていただくのは、スポーツスター XL883カスタム車両に

魔法のネジ タイヤ用のご紹介

N’sFactoryでは今までも魔法のネジシリーズでチューニングボルト

ハーレーダビッドソン 中古車情報 2014年 VRSCDX カスタム車

今回ご紹介させていただくのは、2017年に惜しまれつつも廃番になってし

ハーレーダビッドソン 2021年モデルのEFIチューニングについて

こちらは2021年12月11日現在の情報です  

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

  • スマホで誰でも簡単にインジェクションチューニングが出来る時代!!のキャッチフレーズで購入したがいまいち使い方がわからない方の為に基本的なFP3の使い方をご紹介するサイトです。

  • N’s Factory公式LINE@が出来ました

    LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
    ハーレーお役立ち情報を配信します

    ご登録お願いします!!

     

    友だち追加

PAGE TOP ↑