*

ハーレーダビッドソンの電動モーターサイクル「ライブワイヤー」2019年に市場導入

公開日: : 最終更新日:2018/08/07 ハーレー

以前から噂が流れていたハーレーダビッドソンの電動モーターサイクルプロジェクト
その名も「ライブワイヤー」
一部のディーラースタッフはすでにプロトタイプを見ているいるとのことでした
2022年までにライブワイヤーモデルの拡充を予定しており
より軽く、小さく、手にしやすい製品群化し新たなるライダーの誕生を
ハーレーダビッドソン社は望んでいます

現在のハーレーダビッドソンファンからは賛否両論の反応があります
ハーレーの「ドコドコ感」が無いのはハーレーじゃないという意見も多い中
世界の動きとしてはやはり環境問題の関係で年々排ガス規制も厳しくなっていて
やむなく生産終了に追い込まれているモデルが多いのも事実です

ハーレーダビッドソンもニューモデルを出す度に「モアパワー」で排気量を上げ
環境問題対策としてツインプラグやツインクールド(半水冷)またミルウォーキーエイトの一部では
油冷の機能を備えていき新しい形のハーレーダビッドソンを作っていきました

ライブワイヤーのスペック

最高時速148㎞/h トルク 7.2kgfm 74馬力

リチウムイオンバッテリーを搭載しており 3、5時間で満充電になる

1度の充電で約80㎞走行可能

エンジニアやチューナがいなくなってしまうのか?

現在モータースポーツで0、1秒のタイムをどう短縮しようか頭を悩ませています
エンジンをどう作るか点火タイミングをどうしよう燃料をどうしようタイヤの素材は何が良いのか
マフラーの長さは太さは?
それぞれの専門分野のスペシャリストが沢山集まり計画を立てています
しかしエンジンがモーターになった時
スペシャリスト達の理論が必要なくなり
誰が乗っても同じようにスピードが出て技術という物がほとんど関係ないものになってしまう
気がします

なぜならモーターはコイルの巻き数でその性能が決まってしますからです。
小学校の時理科の実験しませんでしたか?

コイルを100回巻いたのと200回巻いた時の性能の比較をしたのを
覚えています。
結論から言うと誰が作っても同じ結果になるのです
個人的な意見ではやはりモータースポーツはエンジンで走行するのを見ていたいですね

まとめ

ハーレーダビッドソンファンの1人としてこのライブワイヤーのプロジェクトは成功することを
願っています
現在車もオートバイも販売不振と言われており年々販売台数も下がってきているのが現状です
どういう形であれ2輪業界の賑わいを取り戻す日を待ち望んでいます

その時に現在のエンジンによる駆動新しいモーターによる駆動
オートバイに乗る方の選択肢が多い方が選ぶ楽しみも増えると期待したいです。

今後のハーレーダビッドソンの動きに注目したいです。

スポンサードリンク







関連記事

ハーレー純正チューニングデバイス スーパーチューナーの対応が出来るようになりました

N's FactoryではEFIチューニングをする時メインに使用しているデバイスはディレクトリンクと

記事を読む

no image

今や定番メニューのEFIチューニング何がどう違うのか?

2007年モデルから全社インジェクションになったハーレーダビッドソン エアークリーナーとマフラ

記事を読む

スポーツスターのカムシャフト交換をしました

ハーレーでメジャーなパワーアップ方法としましてエアークリーナーやマフラーを交換しキャブ車ではジェット

記事を読む

EFIチューニングデバイス「フューエルパックFP3」の紹介

ハーレー関連の雑誌「クラブハーレー」や「バージンハーレー」などの企業の広告ページを見ていて 「シャ

記事を読む

ダイヤモンドカットを取り入れてみませんか?

今から約5年前でしょうか? ダイヤモンドカットという技術は知っていましたがこれがどこで 出来

記事を読む

ハーレーダビッドソン2019年モデル FXDR 114 日本導入決定!! そのパフォーマンスはいかに?

7月頃から色々と噂が流れていた2019年NEWモデル「FXDR 114」 遂に日本導入が決まりまし

記事を読む

ミルウォーキー8のカムシャフト交換は違いが出ますね

ハーレーダビッドソンの2017年ツーリングモデルから搭載されている NEWエンジンの「ミルウォーキ

記事を読む

T.P.P VPクラッチのお取扱いを始めました

ハーレーでツーリングに行って帰る頃には「左手に力が入らなくなってきた」という経験をされたことがある方

記事を読む

2018年ソフテイル セキュリティを鳴らさずにバッテリーを取り外す方法

2018年新ソフテイルモデルを購入した方も沢山いらっしゃると思います 2017年までのソフテイルは

記事を読む

S&S製 M8ソフテイル用検対マフラーのご案内

エンジンのボアアップキットやエアクリーナー、マフラーをリリース しているS&Sから新しいマ

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







スポーツスターのカムシャフト交換をしました

ハーレーでメジャーなパワーアップ方法としましてエアークリーナーやマフラ

T.P.P VPクラッチのお取扱いを始めました

ハーレーでツーリングに行って帰る頃には「左手に力が入らなくなってきた」

スポーツスターオーナー必見!! スムースバルブのお取扱いを始めました

ハーレーダビッドソンの関連雑誌で見たことある方も多いと思いますがこの度

ハーレーダビッドソン中古車情報2015VRSCDXフルカスタム(ノーリミットカスタム仕様)

N’s Factoryではご希望の車両をお探しする他に委託販売も承って

ハーレーダビッドソン中古車情報2014FLHTCUTG(トライク)

N’s Factoryではご希望の車両をお探しする他に委託販売も承って

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

  • スマホで誰でも簡単にインジェクションチューニングが出来る時代!!のキャッチフレーズで購入したがいまいち使い方がわからない方の為に基本的なFP3の使い方をご紹介するサイトです。

  • N’s Factory公式LINE@が出来ました

    LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
    ハーレーお役立ち情報を配信します

    ご登録お願いします!!

     

    友だち追加

PAGE TOP ↑