*

ハーレーダビッドソン遂に250~500ccの小排気量モデルを新開発

公開日: : ハーレー

ハーレーダビッドソン社は2022年までに新しい計画を進めて行くことを発表しました
以前から進められていた電動モーターサイクル「ライブワイヤー」を2019年に市場導入を発表。

さらに日本を含むアジア市場を中心とする次世代ライダー育成を強化しする為
250~500ccの小排気量モデルを生産・販売をしていく方針です

今現在のハーレーダビッドソンファンはどういう反応になるのでしょうか?
日本でも導入されている「XG750 ストリート」実は海外では500ccもあるのを
ご存知でしょうか?

そして初めて見た時の印象を今でも思えていますでしょうか?

日本の免許制度で難しいのはやはり401cc以上は大型免許になるというところです
ハーレーダビッドソンはすべてのモデルが大型免許でなければ乗れません

中型、大型をセットで取ると結構いい金額になり若者にとっては大きな負担となります
更に車検制度で251cc以上は2年に1度(新車は初回のみ3年)の車検があります
これも維持費としては痛いところになります。

なので中型でも乗れる250ccのハーレーダビッドソンを見てみたいですね

おそらく「こんなのハーレーじゃねぇ」と言う方も多いと思います
しかし日本の二輪車販売状況は右肩下がり
先日老舗のディーラーがお店を閉めるという寂しいニュースも流れてきていました
そうなんです
売れなければメーカーの存続すら危うくなってしますのです
もしアメリカが日本市場から撤退すると言ったらどうしますか?

だからこそ若い方にもハーレーダビッドソンの楽しさを知っていただく必要があるのです
個人的には良い戦略だと思います

しかし「ハーレー=カスタム」この概念は崩れるかも知れません
無数のアフターパーツが揃い自分好みに仕上げていく楽しさもハーレーダビッドソンに乗る楽しさの
1つだと私は考えています

近年ではEFIチューニングも定番のメニューになりつつあります
ハーレーはお金をかけて大切に乗っている方が多いと思いますが
この小排気量モデルがリリースされたらどう変化していくのでしょうか?

おそらく今までのようにカスタマイズをして楽しむことが減るでしょう
そもそも価格は幾ら位なのでしょうか?

いくら中型免許で乗れるようになってもバイク1台100万円以上するのであれば
若者はなかなか手を出すことが出来ないでしょう

あと4年の間にどう変わっていくのか非常に楽しみです
若いライダーとベテランライダー各々自慢のハーレーでパレードをする日も
そんなに遠い話ではないかも知れませんね。

スポンサードリンク







関連記事

no image

今や定番メニューのEFIチューニング何がどう違うのか?

2007年モデルから全社インジェクションになったハーレーダビッドソン エアークリーナーとマフラ

記事を読む

ダイヤモンドカットを取り入れてみませんか?

今から約5年前でしょうか? ダイヤモンドカットという技術は知っていましたがこれがどこで 出来

記事を読む

ハーレー2018年ソフテイルモデルのバッテリー上がりのトラブル回避方法 

ハーレーダビッドソンの2018年ソフテイルモデルはエンジンが新しくミルウォーキーエイト が搭載され

記事を読む

ハーレーダビッドソン2019年モデル FXDR 114 日本導入決定!! そのパフォーマンスはいかに?

7月頃から色々と噂が流れていた2019年NEWモデル「FXDR 114」 遂に日本導入が決まりまし

記事を読む

ハーレーバッテリー用の魔法のネジ アーシングボルトの検証結果

今回ご紹介させていただくのは魔法のネジシリーズのハーレー用バッテリー端子の所に 取付けるタイプの「

記事を読む

チューニングショップ「N’s Factory」出店のお知らせ

以前から予定していました出店計画が進みいよいよ出店出来ることになりました。 少し交通の便は悪い

記事を読む

ハーレーを冬季保管する前に準備しておきたいこと

ちょっと早いですが冬の保管時期ってメンテナンスされていますか? バイクを普段手の届かないところ

記事を読む

ハーレーでセキュリティの付いたモデルのバッテリー交換のやり方 ツーリングモデル編

バイクのオーナー様はある程度ご自身で整備をしている方も多いです ショップに依頼すると部品代+作業工

記事を読む

バイクの保険見直してますか?

バイクの保険とは   バイクの保険には『自賠責保険』と『任意保険』があります。

記事を読む

T.P.P VPクラッチのお取扱いを始めました

ハーレーでツーリングに行って帰る頃には「左手に力が入らなくなってきた」という経験をされたことがある方

記事を読む

スポンサードリンク







Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク







スポーツスターのカムシャフト交換をしました

ハーレーでメジャーなパワーアップ方法としましてエアークリーナーやマフラ

T.P.P VPクラッチのお取扱いを始めました

ハーレーでツーリングに行って帰る頃には「左手に力が入らなくなってきた」

スポーツスターオーナー必見!! スムースバルブのお取扱いを始めました

ハーレーダビッドソンの関連雑誌で見たことある方も多いと思いますがこの度

ハーレーダビッドソン中古車情報2015VRSCDXフルカスタム(ノーリミットカスタム仕様)

N’s Factoryではご希望の車両をお探しする他に委託販売も承って

ハーレーダビッドソン中古車情報2014FLHTCUTG(トライク)

N’s Factoryではご希望の車両をお探しする他に委託販売も承って

→もっと見る

  • この無料メルマガ講座では

    「FP3を購入したけど使い方がイマイチ解らない」「FP3を購入しようか迷っている」

    という方の為に、

    FP3でチューニングをするのに最低限知っておかなければならない空燃比やVE値の解説、

    ベースマップの選び方・オートチューンのかけ方など、第1回~第10回までにわたり基本的なチューニングに関する知識やFP3の使い方を配信しています。

    メルマガ登録はこちらから↓↓↓

  • スマホで誰でも簡単にインジェクションチューニングが出来る時代!!のキャッチフレーズで購入したがいまいち使い方がわからない方の為に基本的なFP3の使い方をご紹介するサイトです。

  • N’s Factory公式LINE@が出来ました

    LINE@では登録者限定特典やクーポン、新商品や中古車のご紹介
    ハーレーお役立ち情報を配信します

    ご登録お願いします!!

     

    友だち追加

PAGE TOP ↑